こんにちは。 

phil&teds フィルアンドテッズ ベビーカー専門店 ベビートデート

店長の宮崎です。

今回入荷したベビーカーの検品をしてみましたら、ちょっとしたバージョンアップがありました♪

どんな製品でもあることだとは思いますが、

工場での生産ロットによって、仕様が変わることがあります。

今回、DOT と Navigator の両方に、バージョンアップの仕様変更があるのを見つけました♪


『どんなバージョンパップがあったの?』っと気になったお客様のために、

簡単ですが、ご紹介したいと思います♪

まずは、DOTから(・∀・)b


★ phil&teds DOT ドット 仕様変更 箇所 ★

タイヤの仕様に一部変更がありました。

【新仕様】

後輪タイヤのホイールにあった空洞が塞がれた仕様になりました。

これはきっと、後部座席に座らせたお子様が、

万が一、タイヤを触ってしまって、

『この空洞部分に手を入れてしまわないように。』

という配慮から、この仕様に変わったのでしょうね。

Navigator ナビゲーターのタイヤも、少し前からこの仕様に変わっていましたので、

今回、DOTにもこの仕様が取り入れられたということですね。

6年以上、phil&teds ベビーカーを扱ってきましたし、

プライベートでもphil&tedsのベビーカーを使ってきた私が感じるところは、

危ないと思われる箇所に対して、念には念を入れて、仕様変更したのかな。という印象を持ちました。

しっかりシートベルトをして座らせておけば、

ベビーカーに乗っている子どもがタイヤを触ってしまうことはないです。

むしろベビーカーに乗っていない時に、

子どもがベビーカーのタイヤを、ぐるんぐるん回して遊んだりすることがあったならば、

この新しい仕様は、かなり安心できるなと思いますね。(・∀・)b


★ phil&teds Navigator ナビゲーター 仕様変更 箇所 ★

さて次は、ナビゲーターの仕様変更箇所についてですが、

ナビゲーターの最大の特徴である 『オートストップ機能』の部分、

手元のハンドルまわりの仕様が大きく変わりました。

【旧仕様】

 

【新仕様】

まず、手元のレバーから後輪までつながっている、ワイヤーをつなぐ部品や

取り付けられている位置などが変わりました。

また、この変更に伴って、

ハンドルの高さ調整をするためのボタンの位置も変わりましたね。

ナビゲーターの初期生産ロットに限った話ですが、

普通に使っていて、何かの拍子でワイヤーに負担がかかった際に、

このワイヤーが切れてしまうことがあるようです。

この問題点を解決するために、

今回、大幅な仕様変更になったのでしょうね。(・∀・)b

こんな感じで、常にマイナーチェンジが繰り返され、

どんどん安全で使いやすいベビーカーに進化しているんですね♪


以上で、最新ロットの仕様変更のご紹介を終わります。

わかりにくかった点や、もっと詳しく知りたい!という事がありましたら、

お気軽にお問い合わせ下さい。


もし、phil&teds ベビーカーの購入を検討していらっしゃる場合は、

ぜひ、最新仕様のベビーカーをGETしてくださいね。

当店では、現在、ご注文キャンペーンを行っています♪

DOTまたはNavigator をご注文いただいたお客様にはもれなく、

店長一押しの便利なドリンクホルダーをプレゼント!


詳しい商品情報はこちら

ぜひ、この機会をご利用ください。

2015年6月16日

コンテンツを見る