phil&teds ベビーカーを検討中のお客様、

はじめまして、

pil&teds ベビーカー専門店 店長の宮崎と申します。

子供たちからはパパと呼ばれています。

(長女はもう小学校3年生ですので、 もう時期、お父さんに変わる頃が訪れるのでしょうか・・・)

そんな事を思いながら日々、

phil&teds ベビーカーを通して

子育てのお役に立てるように

家族の絆が深まるお手伝いのため、

せっせとお仕事に勤しんでおります!

さて、

先日、phil&teds の最新モデル DOT3が入荷いたしました!

ということで、新しくなったDOT ベビーカーについてまとめてみたので、

紹介させていただきます!


1. タイヤが新しくなりました!

DOT2 から DOT3 の最大の違いは『タイヤ』です。

旧モデルDOT2は、自転車のような空気のタイヤでした。

新しくなったDOT3は、空気タイヤじゃなくて、

コンビやアップリカのベビーカーのような

パンクしたり空気が抜ける心配がないタイヤに変更になりました。

●DOT3のタイヤが変わったメリット、デメリット

【メリット】

DOT3の新しいタイヤのメリットは、

パンクしない。

空気が抜けない。

タイヤに空気が入っているか気にする必要がない。

空気を入れるときに空気圧などを気にする必要がない。

ことですね。

空気のタイヤは、自転車と同じように、パンクしたり、空気が抜けてしまったりすることがあります。

朝、出かけようと思ったら空気が抜けていた。

お出かけ途中にパンクしてしまった。

こんなことがあると大変です。

あと、

タイヤに空気を入れすぎてしまい、

タイヤの中に入っているチューブを破裂させてしまった。

っというご相談もよくいただきますので、

こういったタイヤのトラブルを心配する必要がない。っというのは大きなメリットです。

phil&teds社さんも、このような声をベビーカーに取り入れて

エアレスタイヤを採用した機種があってもいいだろう。 と思ったのかもしれません。

【デメリット】

やはり空気のタイヤの方が、振動や揺れを吸収してくれるので、

お子様に伝わる振動や揺れは大きくなると思います。

ちょっとした段差も空気タイヤの方が揺れが少なく乗り越えていけます。

あと、これは長年 phil&tedsのベビーカーを取り扱い

メンテナンスや修理など かなりの台数をこなして

いろいろな状態のベビーカーを見てきて、気になるポイントなのですが、

タイヤの摩耗です。

当然、ベビーカーのタイヤは、使えば摩耗してすり減ります。

自動車のタイヤも、溝がなくなりますよね。

それと同じです。

DOTは二人乗りのベビーカーですので、

お子様二人 と お出かけに必要な荷物を乗せると

ベビーカーにかかる荷重もそれなりに重いです。

もしもタイヤがすり減ってしまった際には、

タイヤをまるごと1個 交換する必要があります。

DOT3のタイヤの値段がまだわかっていませんが、

1万円から1万5千円くらいになると思われますので、

すり減ってしまって交換するときは、タイヤの部品代がかかってしまうかもしれないなぁ

っという点です。

使用頻度や、使用期間、走行路面の状態などによっても変わってしまいますが、

2年から3年 毎日使うような場合は、交換する機会があるかもしれません。

空気タイヤの場合は、

タイヤが、

・タイヤ

・ホイール

・タイヤチューブ

3つの部品から成り立っているので、

消耗品の部分だけ交換すれば済むので、

部品代も抑えられますね。

とは言え、

タイヤの摩耗は2年、3年といった先のお話(汗)

タイヤの違いによる揺れにしても、

空気タイヤほどのクッション性はありませんが、

振動を軽減するエアロテックという技術を採用した素材のタイヤですし、

タイヤの大きさは旧モデルと同じ10インチなので、

お子様のご機嫌が悪くなるほど揺れるわけではありません。

段差や踏切の線路、砂利道などもらくらくに越えられます。

精密な機械で振動を計測して、

数値でどっちが優れているか?と

神経質に調べれば、空気タイヤもいいですが、

新しいタイヤでも使用感が極端に違うわけではありません(・∀・)b

普段使いの中では、

『簡単に使えること』

『当たり前に使えること』

が、重要です。


2. シートベルトが新しくなりました!

コンテンツを見る