phil&teds お役立ち情報


phil&teds DOT2.0 ベビーカーについて、詳しく解説したページを制作中です。

WEB制作のプロが作る前の段階ですので、

お見苦しい箇所もあるかと思いますが、

痒いところにまで手がとどくような、詳しい解説ページを目指しております。

ご参考にしていただければ嬉しいです(・∀・)




phil&teds DOT は子供たちの成長に合わせて4つのモードに変化します。

下のお子様が新生児ちゃんのことから二人乗りベビーカーとしてお使いいただけますので、

保育園への送り迎え、お散歩やショッピングが楽になります。



もし一人目のお子様からDOTを使ったとしたら、

一人乗りベビーカーとして。


なが〜く使い続けることができるベビーカーですので、ベビーカーを買い替えたりする必要はありません(・∀・)b


★1人目誕生


メインの座席は、フルフラットの状態までリクライニングすることができるので、
新生児ちゃんからお使いいただけます。
もちろんフルフラットの状態で、4歳になったお子様が横になって眠ることも可能です

ライニングがフラットにできるので、新生児ちゃんを乗せられます。


★★新機能 紹介★★

新しいDOT ver2.0は、一人乗りでお使いいただくとき、赤ちゃんと向き合って乗せられるようになりました♪

赤ちゃんによっては、ベビーカーに乗った時、ママの顔が見えなくて泣いてしまって乗りたがらない子もいますよね。

写真ではサンフードが付いていませんが、サンフードは取り付けられるのでご安心ください^^

↓ こんな感じで、お子様に日差しが当たらないようにできます♪


★【ベビーカー サイズ】

一人乗り仕様



幅59cm 

前輪先端から後輪末端まで 長さ89cm

前輪先端からハンドル末端まで 長さ106cm
(※ハンドルの高さによって長さは前後します。)

地面からサンフードの一番高いところまで 105cm
(※サンフードを広げたりたたむと高ささは前後します。)


【二人乗り仕様】

前輪先端から後部座席末端まで 102cm


★【地面から座席面までの高さ】

一人乗り仕様 新生児ちゃん対応


地面からハンドル側座席面までの高さ38cm


【一人乗り仕様  幼児(6ヶ月以上)】



地面から座席面までの高さ42cm

地面から背もたれの一番高い位置までの高さ  87cm


【二人乗り仕様  新生児ちゃん + 幼児(6ヶ月以上) 】


フロントシート 幼児用座席

地面から座面までの高さ  58cm

地面から背もたれの上部末端まで高さ  93cm


リアリクライニングシート 新生児用

地面からハンドル側座席面までの高さ 38cm


【二人乗りベビーカー 幼児 + 幼児】


フロントシート

地面から座面までの高さ 42cm

地面から背もたれの一番高い位置までの高さ  87cm


リアシート

地面からの座面までの高さ 22cm

地面から背もたれの一番高い位置までの高さ  54cm

後部座席リクライニング後の
地面から背もたれの一番高い位置までの高さ  42cm



【折りたたみサイズ】



幅 59cm

高さ 34cm

長さ 86cm



【座席のスペースのサイズ】

ベビーカー座席サイズ




座面幅28cm

座面奥行き23cm

座席背もたれ高さ65cm

背もたれ幅28cm 〜 34cm


ダブルキット座席サイズ







座席幅27cm

座面奥行き20cm

背もたれ高さ45cm





【DOTバージョン2.0 新機能紹介】

● 店長目線の新機能のご紹介?


新しいDOTで店長の私が、お!これはイイネ(・∀・)b と

気づいた新たに改良された点についてご紹介。

海外の本家メーカーサイトでも紹介されていない点なのですが、

DOTver1.0  と  DOT ver2.0 では

新生児ちゃん対応で、リクライニングをフルフラットにした際に

ちょっとした違いがあるのです。

まず、DOT ver1.0 のメインシートをフルフラットにした所を見てみます。

グリーンの座席シートが見えている部分がありますでしょ?

この面がまっすぐ水平に、女性の手元の方まで続いていますので、

この面がまっすぐ平になっていることがわかりますよね。


別の角度からも見てみましょう。

赤ちゃんを寝かせる面が平らなことがわかっていただけますか?

では、DOT ver2.0 も見てみましょう。


座面が ぐっと下に下がっているのがわかりますでしょ。

15cmほど下にさがっています。


さて、この違いがあると何がいいの?って思いますよね

この違いは特に、新生児ちゃん+幼児を乗せるときの2人乗り仕様のときに差がでます。


この乗せ方の場合、

ベビーカーのリクライニングをバターンと全部倒して

フルフラットにします。

その上に、付属の座席(ダブルキット)を取り付けます。


そうすると、

上の座席の裏側が、

新生児ちゃんにとって天井になるのですが、

新生児ちゃんを寝かせている面と天井までの距離に違いがあります。

DOTver1.0は、新生児ちゃんを寝かせるスペースが

ちょっと狭いかな?という印象がありました。

寝かせている赤ちゃんが足をバタバタさせると

天井に足が届いてしまい 動けるスペースが贅沢に確保されていなかった印象があったのです。


これがDOT ver2.0では見事に改善されています。

リクライニングをフルフラットにした際、

ベットとなる座面がぐっと下に15cmほど下がるのです^^

これによって、新生児ちゃんを寝かせる空間がかなり

ゆったりとしました。

これなら赤ちゃんは元気いっぱい手足をパタパタ動かせます♪


● 店長目線の新機能のご紹介?

後部座席用の日除けの仕様が変わりました。

DOT ver1.0 は座席に取り付ける形のサンフードでした。


新しいDOT ver2.0のサンフードは、

サンフードというよりもカバーですね。

今までは、後部座席に取り付けるタイプのサンフードだったので

贅沢なほど大きなサンフードではありませんでした。

新しい後部座席用の日除けは、

後ろの座席全体を包み込んでくれるようなカバーになっています。


座席の側面はメッシュUVカバーになっています。

夏場は虫除けとしても活躍してくれます。

日除けの真上の部分はメッシュになっていませんので、

しっかりと日差しからお子様を守ることができます。



【ハンドル】

背筋ぴーん!パパもママも押しやすい♪高さ調整可能なハンドル

人間工学に準拠したDOTのハンドルは握りやすく、
9段階に高さ調整ができるので、身長差のあるご夫婦でも快適にご使用いただけます。

DOTのハンドルは、左右一本のつながったハンドルバーになっていますので、
例え片手であっても、ベビーカーに手の力が伝わり易く、小回りが効いて、なめらかな操作性につながっています。




↑ こういうハンドルは握り易いけれど、片手での操作は難しいですね。
(ベビーカーにお子様が乗っているときは、どんな時でも両手で押してあげたいですね)





【DOT ドット のタイヤについて】

phil&teds DOT に採用されているタイヤのサイズは
10インチ 直径で計ると25cmです。





【タイヤストッパー】


DOTのタイヤストッパーは少しの力で簡単に
ON/OFFの切り替えが可能です。

後部座席のお子様の手が届きにくいようにも
位置も考慮されています。






リクライニング

コンテンツを見る