HOME > お役立ち情報

お役立ち情報

phil&teds お役立ち情報 ベビーカーを通して家族の絆を深めたい! ベビートデート 店長の宮崎です。 お客様から、こんなお問い合わせをいただきました。 『 自転車屋さんでベビーカーに空気を入れたら、タイヤを破裂させてしまいました。(泣)どうすればいいでしょうか? 』 時々、自転車屋さんで、phil&teds ベビーカーのタイヤに空気を入れてもらったら 自転車屋さんがバーン!っと破裂させてしまった。 とか 自転車屋さんに空気を入れてもらったあと、しばらく経ったら バーン!っとすごい音とともにパンクした。 というお問い合わせをいただくことがあります。(><; タイヤチューブが破裂してしまった場合は、 チューブを交換する必要があります。 チューブは当店でも販売しておりますので、 ご利用ください^^ ⇒ phil&teds ベビーカーに使えるタイヤチューブはこちら phil&teds ベビーカーのタイヤは、 自転車屋さんやガソリンスタンド、バイク屋さんなどで空気を入れてもらうことが出来ますが、 その時には注意点があります。 注意点とは、 空気の入れ過ぎに注意する必要があります。 空気を入れられる量は、最大で20PSIまでです。 phil&teds ベビーカーのタイヤに空気を入れる金具の部分の近くで、 黒色のプラスチックのタイヤホイール部分に、 MAX20PSI という刻印のような表記や、 白い文字のシールが貼ってあります。 また、付属の説明書にも空気圧について書かれています。 自転車屋さんは、自転車のプロフェッショナルですが、 phil&teds ベビーカーのことは知らないと思います。 そのため、自転車のタイヤと同じ感覚で空気を入れてしまい、 空気を入れ過ぎてしまうのだと思います。 ですので、 自転車屋さんに空気を入れてもうときは、 空気はちょっと少なめくらいでいいです!っと伝えたり タイヤに書かれているMAX20PSIの表記部分を見せて、 この空気圧まで入れてください!っと伝えてくださいね。 そうすれば自転車屋さんはとっても頼れますので、心強いです。 >参考になりましたでしょうか(^^ それではまたお会いしましょう< phil&teds ベビーカー専門店 ベビートデート 店長 宮崎より

コンテンツを見る