HOME > お役立ち情報 > phil&teds タイヤ 空気の入れ方

phil&teds タイヤ 空気の入れ方

こんにちは。

フィルアンドテッズ ベビーカー専門店

店長の宮崎です。(*・∀・)ノ

風邪予防に、うがいと手洗い心がけています。

さて、今日いただいたお問い合せの中から

皆様にも役立つ情報をお伝えしたいとおもいます。

【 ご質問 】

phil&tedsベビーカーのタイヤに空気を入れたいのですが、、、

自転車の空気入れでは入れられませんよね?

というお問い合せをいただきました。

【 回答 】

日本で一般的な『自転車』のタイヤに空気を入れる場合、

『 イギリス式(英式) 』に対応した空気入れを使います。

空気を入れるときのホースの先端が、

下の写真のようになっている空気入れです。

画像の出典:

http://www.geocities.jp/taka_laboratory/20050806-Air-pump-hand/20050808-Air-pump-hand.html 

(とても参考になるのでこちらもチェックしてみてください)

これが日本で一般的な自転車のタイヤに、空気を入れるときに使う空気入れのホースの先端部分です。

この空気入れでは、phil&teds フィルアンドテッズのタイヤに空気を入れることはできません。

phil&teds ベビーカーのタイヤには、『 アメリカ式(米式) 』のタイヤチューブが採用されています。

そのため、『 イギリス式 』の空気入れでは、空気が入れられないのです。

『アメリカ式(米式)』に対応した空気入れが必要です。

えー!!そんなの持ってないよー!どこに売ってるのー!?

っという声が聞こえてきそうですが、

ここにで売ってます。

http://philandteds-shop.jp/?pid=114247415

この空気入れは、イギリス式、アメリカ式、フランス式に対応しています。

さらに空気をどのくらい入れたか?がわかる目盛りもついています。

空気を入れ過ぎてしまうこともなくなるのでオススメです。

もしこれからphil&tedsベビーカーを購入される場合、

正規販売店でベビーカーを買えば、専用のミニ空気入れは付属していますので

空気入れは買わなくても問題ありませんよ♪

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ご参考になれば幸いです(*・∀・)ノ

店長 宮崎より

コンテンツを見る